TOP >> ネットノベルでも、おれ、TUEEE!な展開を考える

ネットノベルでも、おれ、TUEEE!な展開を考える

近年、オンラインゲームが小説になったりすることが盛んです。

実際のところ、特定のオンラインゲームが小説化されると言うよりは、架空のオンラインゲームを小説として創作されるケースが多いようです。

例えば、小説投稿サイトなんかでも、オンラインゲームが小説化された「ネットノベル」が大変賑わっています。

そういったサイトの小説が書籍化される傾向も最近は目立ちます。

ところで、今流行りの「ネットノベル」ですが、どんなものか気になったので私も何作か読んでみました。

すると、面白いことに、だいたいどの作品でも、「おれ、TUEEE!」(意訳:俺は最強だ)といった、主人公が無敵な(強くてニューゲーム的な)作風が目立っていました。

やはりあの手のゲームの快感とは、ゲームのクエストをこなしていくことで、強くなっていく自分の主人公を暴れさせて、「俺ってこんなに強いんだぜ!」とアピールすることですよね。

オンラインゲームはそういった衝動の発散ができる居場所なので、近年、人気が出て来たのかもしれません。

ですから、オンラインゲーム特有の「おれ、TUEEE!」的なカタルシスを小説化したことで、その小説ジャンルが大人気になるのは、ある意味で必然だったのかもしれませんね九十九姫

 

メニュー