TOP >> 『ふがいない僕は空を見た』

『ふがいない僕は空を見た』

タナダユキは、脚本も兼任するべきだったね。向井康介の脚本と、タナダユキの演出が噛み合っていない。危惧していたほどの酷い出来では無かったけれども、かといって感心もしなかった。無駄に長いし。<同じ状況を別視点から捉えて反復するムーブ>というのが、最近、妙に流行っているように思うのだが、どうかと思うね。特に本作で反復されるシーンは、全部要らない。無意味。「重過ぎる」って言ってもよ、実際にもっと重い体験をしている人は沢山居るわけで。まだ甘いぐらいよ、こんなの。確かにキツイっちゃキツイけどさ。もっと徹底しても良かったんじゃないか、と思うぐらい。

 

メニュー